安全への取り組み


安全への取り組み

スズケンがお客様から喜んでいただける理由の1つに徹底した「安全への取り組み」がございます。
ここでは私たち鈴建輸送の「安全への取り組み」についてご紹介いたします。



■車両への取り組み
鈴建輸送の車両は安全に配慮し、以下の安全装備を標準配置しております。

プリクラッシュブレーキ(衝突回避支援)
車線逸脱警報装置
ミリ波車間ウォーニング
電子式車両姿勢制御システム
デジタコ(GPS付)
ドライブレコーダー

また積荷の荷卸しや作業に対してスタッフの安全を守るため、以下の装備を付けております。
20160530_01.jpg 20160530_02.jpg
積荷に対して安全に作業ができるようユニック車の側面に梯子をかけられるように。
また積荷の横で作業ができるようのスペースも標準装備。


160530.jpgDSCN0179.jpg
車両の上部に親綱を張り、安全帯をかけられるようにすることで従業員の落下を防いでいます。



■規則への取り組み(点呼の仕方)
鈴建輸送では運行管理の徹底として以下の点呼の仕方を義務付けております。

(1) アルコールチェッカーによるアルコールチェック
(2) 血圧測定(血圧が160以上の場合は運行ルートや業務の変更を行います)
(3) 規則の読み上げ(会社方針 / 挨拶の実践 / 安全十則)
(4) 運行指示書からの一日の運行について危険や注意事項の読み上げ、
    ドライバー自身が一日の運行に対する安全目標を決め、読み上げます。
   (ドライバー一人一人が考え、発表をしております)

160530_1.jpg1464483675953.jpg
1464483683092.jpg 1464483693627.jpg


<鈴建輸送 安全十則>
  • 寝不足をなくして今日も正しい運転
  • 荷役には作業指揮者の指示をまつ
  • 積卸制動装置は確実に
  • 車から離れるときは輪止めをしてキーを抜く
  • 積込に輪木正しく敷く習慣
  • 積載は積みすぎないよう確認を
  • 当て物は品物傷めず事故防ぐ
  • 今日も又ゆずりあい かわす笑顔で安全運転
  • 出発前 再び荷締の点検を
  • 走行時 あせる心にブレーキかけて


お問い合わせはこちら1.jpgお問い合わせはこちら2.jpgお問い合わせはこちら3.jpg